2017.06.08土地 , 地盤 , 地盤調査・解析

地盤調査の方法とそれぞれの費用相場は?業者選びのポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地盤調査の業者選びのポイント

住宅やビルなどを建設する際には、事前に建設地の地盤調査を行います。地盤調査とは、建物・構造物の性能に大きくかかわる地盤の強度などをあらかじめ把握し、地盤が沈むなど欠陥の発生を防ぐための調査を指します。

末永く安全に利用するためにも、住宅を建てる前に地盤調査を行うことは不可欠といえるでしょう。今回は、住宅を建てる前に必ず行う地盤調査について、費用の目安や業者選びのポイントなどをご紹介します。

【1】地盤調査はどのように行っているの?

地盤調査の一般的な方法地盤調査の方法として、一般的に以下の3種類があげられます。
1.スウェーデン式サウンディング試験(スウェーデン式試験・SWS試験)
2.ボーリング調査(標準貫入試験)
3.表面波探査法

スウェーデン式サウンディング試験(スウェーデン式試験・SWS試験)

一般の住宅において、最も多く利用されている調査方法です。スウェーデン式サウンディング試験は、鉄の棒(ロッド)にドリル状の部品(スクリューポイント)を取り付け、おもりで荷重をかけます。そこから、スクリューポイントを回して、地中に貫入させていくという手順の調査方法です。おもりの重さや回転させた回数によって地盤の強度を調べます。調査コストもリーズナブルで、導入しやすいのが特徴です。

さらに、本サイトを運営するジャパンホームシールドの地盤調査方法は、従来のスウェーデン式サウンディング試験に加えて、スクリュードライバーサウンディング試験(SDS試験)と呼ばれる地盤調査を組み合わせた高精度な調査方法です。従来のスウェーデン式サウンディング試験ではわからない「土質」まで調査可能です。2016年には累計調査実績20万棟を突破して、次世代の地盤調査方法としてお客様にご好評いただいております。

【スクリュードライバーサウンディング試験(SDS試験)】
https://www.j-shield.co.jp/sds/index.htm

ボーリング調査(標準貫入試験)

ボーリング調査(標準貫入試験)は、ボーリングで地面に8cmくらいの孔を開け、そこにサンプラーと呼ばれる鉄の筒状部品を挿入します。そのあと、サンプラーの上からハンマーを所定の高さで落下させて、何度ハンマーによる打撃を要したかによって地盤の強度を測定します。多くの地盤調査に利用されていて、実績も豊富にあるため、データの信頼性が高く、その分調査コストも高いのが特徴です。

表面波探査法

表面波探査法は、起震器と呼ばれる振動を発生させる装置と、振動を捉える検出器を地面に設置します。起震器から発生した振動が地面に伝わり、その振動の伝わる速さで地盤の強度を測定します。測定器の設置方法や調査担当者の技量によって、測定結果が左右されやすい調査方法です。比較的短い期間で測定が可能ですが、調査コストはやや高めです。

【2】地盤調査にかかる費用・相場はいくら?

地盤調査にかかる費用・相場前項でも述べましたが、調査コストがリーズナブルといわれるスウェーデン式サウンディング試験で、相場としては一般住宅の敷地面積で10万円前後、表面波探査法はそれよりも少し高めの相場となり、ボーリング調査(標準貫入試験)は20~30万円程度が相場です。

【3】地盤調査の業者選び。そのポイントをチェック!

地盤調査を依頼する際には、業者選びも慎重に行いましょう。調査の結果によっては、その後に地盤改良工事や基礎の仕様に関する見直しが必要となるからです。

調査の技量や知識、専門性の高い業者へ依頼すれば安心なことはもちろんですが、さらに一歩先を見ることも大切です。万が一のケースを想定し、建築後に調査不備などのトラブルが起こった場合の補償体制の充実度なども考慮した業者選びをおすすめします。

ジャパンホームシールドが提供している「地盤サポートシステム」は、調査・解析の正確さと安心の品質保証制度を両立したサービスです。建築中に万が一の事故があった場合でも専任のスタッフが対応に入り、サポート体制も充実しています。

【地盤サポートシステム】https://www.j-shield.co.jp/solution/groundsys/index.htm

おわりに

今回は、住宅を建てる際に必要な地盤調査について方法や費用、業者選びなどの基礎知識をご紹介しました。地盤調査は精度の高いサービスへの依頼をおすすめします。長く住むことになる住宅の初期費用としては、決して高くはありません。地盤に関する調査・解析の依頼をする際は、ぜひ本記事を参考にしてください。

ジャパンホームシールドでは、地盤調査・解析実績100万棟のデータをもとに、過去に行った調査物件の地盤データを地図上に反映した、「地盤サポートマップ」というサービスサイトも展開しています。土地や住宅の購入を検討されている方は、住む予定の土地を事前に調べてみてはいかがでしょうか。

【地盤サポートマップ】https://supportmap.jp/
【ジャパンホームシールドHP】https://www.j-shield.co.jp/index.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
ジャパンホームシールド株式会社

ジャパンホームシールド株式会社

ジャパンホームシールドは戸建住宅の地盤調査・解析、構造設計、住宅検査を手掛ける企業です。 年間10万件を超える地盤調査・解析実績は国内No.1。 住まいの安全・安心を追求し、住まいづくりに役立つ情報を発信いたします。