2017.06.08住宅 , 住宅検査 , 建物

ホームインスペクションとは?住宅検査のメリットと費用相場を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅検査のメリットと費用相場

住宅を購入してから欠陥が見つかれば、大きな損失を生むことになります。特に中古住宅を購入する場合、事前の確認不足で欠陥住宅を購入しないためにも、専門家による住宅診断は重要です。そこで今回は、中古住宅の状況検査「ホームインスペクション」についてご紹介します。

 

ホームインスペクションとは

ホームインスペクションとは、住宅専門家による住宅診断のことです。ホームインスペクターの資格を持つ建築士が、住宅の欠陥や劣化状況の検査を行います。また、この検査結果は将来のリフォームにも役立てていただくことができます。

 

ホームインスペクションは住宅を売却する際にも活用されますが、中古住宅の購入を検討されている方にもおすすめです。また、物件の円滑な売買を図るために、ホームインスペクションを積極的に活用する不動産仲介業者も増えています。

 

 

ホームインスペクションの検査内容

実際にホームインスペクションを利用するとしたらどのような検査内容があるのでしょうか。

 

建物の外部(屋外)

基礎や外壁面のひび割れや、バルコニー防水層の欠損、バルコニーから見える屋根などのぐらつきや劣化など、目で見える範囲です。また、基礎のひび割れ、欠損、劣化や床、壁の傾斜なども診断します。

 

建物の内部(屋内)

床の浮きやはがれ、内壁の傾きや欠損、天井の亀裂や雨漏り、建具の動作、水回りの漏れなど多くは目視できる範囲です。主に、雨水の浸入を防止する部分を検査します。

 

床下、屋根裏

配管の状況、柱や梁(はり)の構造、配線などが検査対象です。シロアリによる食害や雨漏りなどは建物にとって大切なポイントとなります。

 

 

 

ホームインスペクションのメリット

【メリット1】欠陥住宅の購入を防ぐことができる

ホームインスペクションのメリット住宅は購入に多額の費用が掛かるため、欠陥住宅の購入は避けたいものです。ホームインスペクションでは、一般の方では見分けられない欠陥の有無を専門家が指摘してくれるため、物件状況を正確に把握できます。

 

購入した後で住宅に壁や基礎のひび割れ、雨漏りの原因となる不具合など、設備の不具合が見つかれば、多額のリフォーム費用を必要とし、家計が圧迫される可能性も考えられます。購入前にホームインスペクションを行うことにより、欠陥住宅を誤って購入するリスクを減らし、安心してマイホームで過ごすことが可能です。

 

【メリット2】専門家による客観的な評価を受けられる

ホームインスペクションは、住宅に精通したホームインスペクターが行います。ホームインスペクション後に物件を購入する場合、買い主は売り主側に専門家の客観的な評価のもと、住宅の問題点を指摘することができます。

 

また、検査結果報告書が住宅の優良性を示す客観的資料と見なされ、住宅の資産価値の維持にもつながります。

 

 

ホームインスペクションの費用相場

ホームインスペクションの費用相場ホームインスペクションの費用が気になる方も多いと思いますが、費用は診断対象の住宅構造やグレード、種類によってさまざまです。しかし、一般的な費用相場は約5~8万円と言われています。

 

その他にも、交通費や雑費など、住宅診断に付随するさまざまな費用が発生する可能性もあります。料金体系については、詳しく業者に確認した上で依頼するようにしましょう。

 

 

おわりに

家の購入は大きな買い物であるだけに、不安がつきものです。特に中古住宅の購入を検討されている方は、住宅選びに迷うことが多いでしょう。そのような不安要素を可能な限り少なくしてくれるのが、ホームインスペクションです。安心して物件を購入し、新居での生活が快適となるよう、ぜひ専門家による住宅診断を取り入れてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
住まいの安心研究所編集部

住まいの安心研究所編集部

住まいの安心研究所(スマ研)では気になる土地の地盤や生活情報など、安心の住まいづくりに関するお役立ち情報を発信いたします。